1.破産とは

破産法という法律に基づいて、裁判所の力を借りて
現在抱えている借金をゼロにしてもらう制度です。

裁判所から免責決定(借金をゼロにする決定)を得られれば
債権者はこれに従わなければなりませんので、
債務者は、真に借金をゼロにして、
新たなスタートを始められることになるのです。

但し、免責決定を得るためには、現在持っている財産(家、車、株券等)は
処分して借金の返済に充てなければならないのが条件です。
返済に充てられる財産があるのに、借金をゼロにしてもらうということは
許されないのです。