不動産の相続対策とは

不動産の相続対策は、「紛争防止」と「相続税対策」の観点から検討します。 

 

 (1)紛争防止 

  遺言書の作成と生前贈与を検討します。遺留分を侵害しないように、
  
自分の財産を遺言書に託すか、生前に贈与して相続後の紛争を防止します。
  また、遺留分を侵害してしまうような場合は、生命保険等の活用も検討して
  相続人間の平
等をはかり、感謝される相続を目指します。 

 

(2)相続税対策 

  相続税対策として、「相続財産の評価を減額させる」と「資産を贈与、寄付
  消費して無く
す」ことを検討します。 

  また、相続財産から納税資金を生み出す「生命保険を活用した納税資金の準
  備」を検討し
ます。 

 

 

    相続税・贈与税詳細(国税庁)
      ⇒(
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/sozoku-zoyo.htm

 

 

 思いやりの相続対策が、争いの無い、

 そして感謝される相続へと・・・。』