手続内容と費用について

費用のお支払は、分割払いも可能です。
(例:債権者への介入通知を行った月から分割。)

1.債務整理・・・・無料
   @ご相談   
   A債権調査  
   B債務整理介入の通知
   C取引履歴調査
   D最適な手続き(破産、任意整理等)の検討

2.任意整理・・・・和解成立の債権者 × 4万円
   @債権者との交渉
   A和解案の作成
   B和解及び和解書の作成

3.破産手続き・・・25万
   @破産申立書の作成
   A免責決定までの進捗管理

  別途、裁判所に収める費用として、
  以下の内容のものが必要となります。

   ・1万7千円程の収入印紙及び郵券
   ・財産処分が必要な場合には、破産管財人の選任費用として
    22万〜50万
   
4.民事再生手続き・・・・35万円   
   @民事再生申立書の作成
   A再生計画認可決定までの進捗管理

  別途、裁判所に収める費用として
  以下の内容のものが必要となります。

   ・2万7千円程の収入印紙及び郵券
   ・個人再生委員の費用として22万円