1.破産とは

破産法という法律に基づいて、裁判所の力を借りて
現在抱えている借金をゼロにしてもらう制度です。

裁判所から免責決定(借金をゼロにする決定)を得られれば
債権者はこれに従わなければなりませんので、
債務者は、真に借金をゼロにして、
新たなスタートを始められることになるのです。

但し、免責決定を得るためには、現在持っている財産(家、車、株券等)は
処分して借金の返済に充てなければならないのが条件です。
返済に充てられる財産があるのに、借金をゼロにしてもらうということは
許されないのです。

2.破産手続きの流れ

司法書士は、破産申立書の作成、裁判所への提出、
その後の裁判所との書面のやりとりを
本人に代わって行います。

裁判官との面接(2回)と、提出書類の収集については、
本人が行う必要があります。

自己破産申立者に、
@財産(家、車、株券等で、約20万以上のもの)が無い場合
Aギャンブルや浪費によって破産申立に至ったのでは無い場合
についての手続きの流れを記します。

(1)裁判所へ提出する自己破産申立書の作成
   自己破産申立てに至るまでの事情を詳しく記します
 
   主な提出書類
    ・住民票
    ・過去2年間の収入がわかる書類(源泉徴収票等)
    ・最近2ヶ月の収入がわかる書類(給与明細等)
    ・過去2年間の記載のある通帳全て
    ・所有する保険、株券に関する書類(保険証書等)
    ・所有する不動産に関する書類(登記簿謄本等)
    ・所有する車に関する書類(車検証等)

(2)裁判所へ破産申立書を提出

(3)破産手続き開始決定

(4)免責審尋
   もう一度、裁判官との面接があります。
   (3)の破産開始決定の段階では、まだ借金はゼロ(:免責)に
   なったわけではありません。
   2度の、面接を受けて
   この後、(5)の免責決定がなされて初めて借金がゼロになります。

(5)免責決定